記事

牛久入管収容所問題を考える会 -入管法政悪案を廃案に追い込む!

5月18日(火)、政府・自民党は、今国会で審議されていた出入国管理及び難民認定法の「改正案」を成立させない方針を発表しました。全国の弁護士会が発表した抗議声明によると、長期収容の問題を解決するとする法務省の改正案は「全くの嘘」だという。

「EUの移民と亡命に関する新協定」連帯におけるジレンマ

EUの移民管理システムと移民と亡命に関する新協定がもたらそうとしている変化について簡単にご紹介しています。、ヨーロッパの法律と移民研究の専門家による新協定の批評について、重点的に説明している。

「移民と亡命に関するEUの新しい協定」とは?

この耐え難い状況に対応して、2020年に欧州連合は移民と庇護に関する新協定を提案しました。欧州委員会によると、この新しい協定は、特に庇護希望者の危機的状況へのヨーロッパのアプローチ、および一般的にEUの国境内での移住への道を開くでしょう。

オフショア難民手続き

メディアでは度々オーストラリアへ逃れた難民について言及しているが、国外に設置した収容施設は必ずしもオーストラリア特有であるわけではない。そこで、この記事ではオーストラリアのオフショア難民手続きの現状に注目する一方で、これと同様の状況、あるいは類似している事例についても言及する。

日本の難民擁護〜あなたが知る必要のあること〜

アメリカやその協定国からの圧力下、日本は11,319人ものインドネシアからの強制移民を受け入れ、その後1980年代辺りまで難民を擁護する動きはなかった。同時期に、1951年に難民条約の同盟となり、独立主義の印象を払拭し、発展途上国としての良い体面を育むために国際的責務を進んで果した。

ベネズエラ難民危機

移民政策研究所によると、500万人以上のベネズエラ難民・移民が自国から逃亡しました。これは最近の世界で、最も大きな強制移動の危機となっています。大衆の出国は、ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領の悲惨な政治政策が原因です。

ミャンマーの隠された存在「ロヒンギャ」

ロヒンギャとは、そのほとんどがラカイン州に住む、ミャンマーの数ある少数民族の一つであり、100万人にも及ぶ国内で最大級のイスラム教徒である。アラブ商人の子孫達が独自の言語と文化とともに、その地域を拠点としてきた。

強制送還には限界がある!ノン・ルフールマン原則について考える

ノンルフールマン原則とは国は避難民などの立場にいる人々を故意に彼らの自国への強制送還禁止と、その人々にとって、自分ではどうしようもできない様な現実問題を抱えていて、それを否定してくる様な土地や国などに返還されないように保護する原則である。

トップへ戻る