牛久入管収容所問題を考える会 -入管法政悪案を廃案に追い込む!

要約担当:Mayuko Yoshida

この文章は牛久の会の2021の世界難民の日の報告を要約しています。

5月18日(火)、政府・自民党は、今国会で審議されていた出入国管理及び難民認定法の「改正案」を成立させない方針を発表しました。全国の弁護士会が発表した抗議声明によると、長期収容の問題を解決するとする法務省の改正案は「全くの嘘」だという。入管法「改正」法案が審議されている間に、3月6日、名古屋入国管理局でスリランカ人女性のウィシュマさんが、体調悪化のため20キログラムも体重が減って死亡した。

元記事はこちらを参照して下さい。

画像Antoine Merour

牛久入管収容所問題を考える会 -入管法政悪案を廃案に追い込む!
トップへ戻る